FC2ブログ
永峰潤ブログ
永峰・三島会計事務所、かなり不定期な所長のブログ。

スタンフォード大学社会人向けファイナンスプログラム受講記

第3回

授業の進め方
 授業の形式を説明しますと、階段教室で予め座席は指定されています。MBA学生の場合は毎回、教授が学生に質問し(古い映画でペーパーチェイスというハーバード・ロースクールを題材とした映画があったのですが、この方式はソクラテス・メソッドというそうです)、とりわけハーバード、スタンフォード両大学はこの形式で有名だったと記憶していますが、本プログラムはそれなりに年を取り実務上の経験も積んでいるおじさん達が生徒であり、あまり厳しくやって、翌年以降同一企業から後続者がいなくなると困るという営業政策上の配慮もあってかないのか、そのような形式でなく淡々と授業は行なわれました。ただし、いつでも生徒からの質問は受け付けるというか、勝手に生徒が質問し、適宜、教授がそれに答えるという、進め方は米国の大学のしごく一般的なものでした。

 アメリカはプラグマティズムの国ですし、今回はファイナンスのテクニック的なことが授業の内容なので、哲学的な主題ともなる株主主権の話は授業では勿論なかったのですが、折に触れ、そのような点に関する考え方が伺われるような講義内容ではありました。

 肝心な講義内容ですが以下が具体的な内容でした。技術的なお話しをするのが拙文の目的ではないので、必要最低限のコメントをします。

借入政策の是非
資本市場で社債を発行するのはどういう局面で行うべきか。これは資本コストという概念からいうと借入金で資金を調達したほうが株式を発行するよりも安いコストで調達可能であるが、あまりに借入金を増やすと、倒産リスク等がでてくるため、経営者もしくはCFOは常に両者のバランスに目配りしながら借入比率を考えなさいというもので、モダンコーポレートファイナンス理論の中心をなす議論のひとつです。

配当政策の是非
 配当政策の要旨は過去と将来の収益力、手元流動性、配当率に対する資本市場の反応、他競争者の動向等々を考慮して決めなければならないというものでした。

自社株買いのファイナンス的効果
 配当政策に関連した論点です。

オプション理論
 コールオプション、プットオプション、リアルオプション等の理論的説明。数学的な部分が多く、最も難しい部分であり、受講生もあまりわかっていないようでした。

LBOの説明
 わが国でも盛んになってきた被買収会社の資産を担保にしたローンを組み、自らの出資部分と合わせて公開会社を買収。その後、資産売却等のリストラをして経営効率を高め(?)、会社の時価を上げた時点で再上場して売り抜けるというおなじみのスキームの説明。

ジャンク債
 結果的には収監されることになったウォートンMBAのマイケル・ミルケン氏が学生時代に発見した倒産確率と資金調達コストの相関関係に着目して、一時、そして現在も続いているいわゆる投資適格性を欠く会社の資金調達手段。

株式市場と情報に関する相関関係
 株式市場は果たして効率的かどうかという、アメリカ人が重視する株式市場に対する実証的な研究の説明。

資本市場にしめる会計の役割
 最近のグローバリゼーションに対する会計の果たす役割の説明。

 概略、以上のような内容がケーススタディ5割、講義形式5割で進められていくのですが、やはり看板大学の教授を長年張っているだけに授業はすこぶるおもしろく、文字通り時間をたつのを忘れるようなスピード感のある授業でした。スタンフォードのことは知りませんが、ウォートンでは、当時から最終講義が終わると、学生に先生の教え方に対するアンケート(むしろ評価表というほうが適切)を配って回収し、次回の講義に生かすということだったので、スタンフォードも同様な試みをやっているのでしょう。

というのが授業の内容でしたが、次回はその感想を述べましょう。
スポンサーサイト



【2006/07/24 10:57】 未分類 | トラックバック(0) コメント(0) |

スタンフォード大学社会人向けファイナンスプログラム受講記

第2回
スタンフォード大学のファイナンス講義について
 
 スタンフォード大学のファイナンス講義の概略は以下のようでした。正式名称はFinancial Management Program(FMP)といい、毎年MBA学生の夏期休暇中にMBAコースでファイナンスを担当している教授陣がそのダイジェスト版を社会人、主としてCFOをターゲットにほぼ一週間にわたり講義するというのがウリです。昨年度は7月10日から15日にかけて実施されました。

 受講生に配られたリストによれば、受講生の総数は36名。職種は一般事業会社が7割程度、残りが金融機関関係。年齢層は30代後半から50代前半(筆者は48歳)が全体の9割近く。職場でのタイトルはCFO、コントローラー(我が国の経理部長もしくは課長に該当)、ならびにCEOが大部分。米国以外の国ではナイジェリアから2名、カナダ1名、パナマ1名、インド1名、ドイツ3名、メキシコ1名、ノルウェー1名、香港1名、スイス3名、デンマーク1名、アルゼンチン1名、ペルー1名、そして日本からは私を含めて2名。男女比は男性30名、女性6名でした。

 授業は朝8時から午後5時までの座学形式、1コマ80分の授業が午前中に3コマ、午後に2コマ行われます。夕食後も7時半から9時まで1グループ6名程度のスタディグループに分かれて、翌日の授業に関するディスカッションの課題が課されますので、正直この年齢ともなると結構ハードでした。

 私は、先に述べたように日頃から英語に接する機会は多い方ですが、それでも出席するに際しては、帰国子女でもないため(大学院の年齢で米国に留学しても、残念ながらさほど英語は上達しないというのが20年前留学した後の感想であり、これは当時の15名程度の日本人クラスメートを見てもあながち間違っていないと思っています。 小机君、同意してくれるよね?)、久方ぶりの英語の授業についていけるかそれなりに悩みました。

しかし、そこは馬齢を重ねるにつれて世のおじさん並の図々しさを身に付けてきたので、最後はまぁ何とかなるだろうと半ば開き直りの心境で申し込んだ次第です。その後、大学から分厚い資料(A4サイズで20センチ厚位のシラバス)が届き、出席前に読んでおけと書いてあったので、仕事返上で予習したのですが、万全とはとても言い難い状況で、兎にも角にも日本を後にしました。

 ここで簡単にスタンフォード大学のことをご紹介しますと、カリフォルニア州パロアルト市(サンフランシスコから車で約1時間)に1891年(明治  年)に設立された米国西部で有名な総合大学です。正式名称はLeland Stanford Junior Universityといい、そもそもの設立理由は当時の鉄道財閥であったスタンフォード氏がその子息の死を悼んでとのこと。最近ではグーグル等のIT関連企業の出身者が多いことでも有名です。MBAについても東のハーバード、西のスタンフォードと言われ、文字通り米国で最も質の高い高等教育機関のひとつに数えられています。

 スタンフォードを始めとして、米国ではビジネススクールが社会人向けファイナンスコースを年間を通じて頻繁に行っており、ハーバード、ウォートン、シカゴ、ノースウエスタン等々、著名なビジネススクールはMBA学生の夏休み中に大体1週間程度の社会人向けファイナンス理論のコースを主催しています。内容・講義形式は類似しているものと思われ、費用は講義、宿泊料、3食付きでUS7000ドル~8000ドル程度が標準的な価格設定のようです。

 スタンフォードの場合、食事は大変においしい! 私は米国の食事、とりわけ、その質に関してはかねてより強い疑念を抱く者でありますが、本当においしかったです。ワインやビールも飲み放題ですが、夜のスタディグループもあり、痛飲する剛の者はさすがにいませんでした。国際電話も掛け放題で、そこいらへんの鷹揚さはさすがに料金を取るだけのことはあると思いました。

次回は授業についてご説明します。
【2006/07/11 09:50】 未分類 | トラックバック(0) コメント(0) |

ENTRIES

  • イギリス行(11/05)
  • 中央高速一考(10/16)
  • 日本を代表する民族音楽は何か(05/31)
  • 海外分散投資と国際課税(05/20)
  • 日本全国一斉毎日実施イベントを君は知っているか(04/30)
  • TRACKBACKS

  • 東洋医学がたくさん:「経絡リンパマッサージ」からだリセットBO(10/31)
  • 設備を調べる:安全弁について(05/23)
  • ARCHIVES

  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (2)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年05月 (2)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (3)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年02月 (1)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年08月 (2)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (1)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • CATEGORY

  • 未分類 (125)
  • LINKS

    CALENDER

    06 | 2006/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    INFOMATION

    永峰 潤

  • 永峰 潤
  • 公認会計士・税理士
  • 管理者ページ
  • RSS