FC2ブログ
永峰潤ブログ
永峰・三島会計事務所、かなり不定期な所長のブログ。

コミュニケーションの限界

仕事柄、英語を使う機会が多く、当事務所の理念でも英語によるコミュニケーションを目指しているのですが、正直に告白するならば、話し言葉での英語によるコミュニケーションで内容の半分でも伝わっていれば充分だと思っています。もちろん、コミュニケーションには話すことに加えて書く要素もありますから、話したあとに文章によって意思の不足分を補うことにより重要な部分は押さえていますが、それとても税法という共通の基盤を持った部分での話であり、これが感情やニュアンスの世界となるとお手上げというのが偽らざる感想です。

そもそも我が国では誤訳例は数多くあります。有名な例では「帝王切開」で、これははさみ(scissors)と帝王(シーザー caesar)との訳間違いという説もあるわけで(もっともシーザーがこの方法で生まれたので帝王切開となったのだというのが通説でありますが)、私が実際に経験した例ではこんなのがあります。

アメリカの大学で博士課程に進学していた女子学生と知り合いになったときのことですが、彼女は当然我が国の例にならって修士課程(master)を終わってから博士課程(doctor)に進学していると思ったら、実は学士課程を終えてからストレートに博士課程にあがってきたことが判明し、大いに驚いたのですが、逆に彼女に日本では修士課程を終わらないと博士課程に進めないのかと驚かれたわけであります。

後日、日本に帰ってきてから、調べたところでは、実はもともと、修士課程と博士課程はともに学士課程を修了した時点でどちらかを選択できるものであり、決して修士課程の上に博士課程が位置しているものではないのが本来の姿でした。つまり、明治の頃、我が国に修士課程と博士課程が導入される際に、文部官僚が訳を間違えて、修士が終わらないと博士にいけないとしてしまい、それが現在に至るまでも引き継がれているというのが真相のようです。理工系の学生さん、お疲れ様です。

こんなような実例はおそらく枚挙に暇がないはずです。要は完璧なコミュニケーションを目指そうなどというのは所詮、絵に描いたもちではないでしょうかということです。むしろコミュニケーションで大事なことは相手と向き合って話したり、顔色を伺ったり、声のトーンを直に感じることによって、多少の言葉での行き違いがあっても、それを補える、一種の信頼関係が構築できることにあるのではないでしょうか。

その意味からは、最近のインターネットによる文章だけによるコミュニケーションで事足りるという最近の風潮(このメール自体もそうなんですが・・・)は、コミュニケーションの過疎化をある意味、加速するのではという気がします。

知らない者同士が一緒の時間を会議や食事をして共有することにより、お互いの間に信頼関係が生まれる。これがコミュニケーションの基本であり、そもそもの語源であるcommunityと合致するものです。最近のインターネットによる匿名性を秘めた言葉だけによる意思の相互通行、もしくはすれ違いはもともとのコミュニケーションが意味するところとは違った概念だろうと思います。

スポンサーサイト



【2007/01/12 19:36】 未分類 | トラックバック(0) |

見ている方向が違う

見ている方向が違う


もうかなり前から有名になった言葉に「インフォームド・コンセント」というものがあります。この言葉は、我が国では、重病に罹った患者に事実を知らせて、その後の患者の生き方を選ばせる権利という考え方で捕らえられていますが、本家、アメリカではこの考え方は「医者」のためにある言葉であり、その理由は、訴訟社会アメリカでは患者に全ての情報を知らせておかないと、患者が亡くなられた後に、遺族が医者に対する職務忠実義務違反による訴訟を提起することを避けるために発達した、どちらかというと専ら医者サイドの予防策であることと理解されています。

つまり一つの事実・言葉や事象を巡っても、その社会が抱えている問題や事情によって、全くその意味が異なっていることは非常に多いと思うわけであります。

最近、所属する団体の倫理規定に関する仕事に従事する機会があったのですが、その際、ある種の驚きを禁じえませんでした。というのは、これでもかという位に分厚い倫理規定が用意されていたからです。非常に残念ながら、私どもの団体は最近の傾向として米国発の規則・規定を単純・無批判に翻訳出版する作業割合が太宗を占めつつあり、自分達の頭でものを考える作業は非常に少なくなっているような印象を受けます。「倫理規定」なる代物も、米国の倫理規定をある程度、アレンジして我が国の倫理規定であるとしているようなフシが伺われます。

そもそも、われわれの日常生活においては、倫理規定や法律等は、いにしえの昔から簡素をもって旨としていたのであり、こういうものを当事者間の絶対のルールとして尊ぶ風習はなかったと思います。この代表的な考え方が「和を以って貴しと為す。」であり、これ以上、簡単直裁に日本人の考え方を凝縮したものはないと思います。

COVENANTという神と人間(ユダヤ人)との契約概念を世界観の中心に置き、神キリストの前においては皆が三人称としてお互いの人格を平等視する考え方を基底とするキリスト教とは全く違った行き方ですが、その是非はともかくも、そのような歴史的な流れから、我々は物事の決着をつけるに際して、できるだけ法律や条理・規則・規定といったものは最後の最後に参照するようなものであり、重要なことは当事者間で決めてしまう、それでだめなら長老においで願う、というような考え方が民族のDNAにしみこんできたのではないでしょうか。

卑しくも法律(税法)解釈を職業としている私がこういうことを言うのは、自己否定にもなりかねないので、気がひけるのではありますが、我が国の実情はそのようなものではないでしょうか。

さてそこで本日の本題なのですが、法律は何のために作られているかということです。憲法が人権保障の体系であるということは自明でありますが、そのうえでも、やはり我が国では、法律というのはできれば見ないに越したことはないという考えが少なくとも今までは一般的ではなかったかと思います。

しかるに、先の倫理規定のように、米国(ここで対象は米国となってしまいますが)では、とにかくたくさん書く、ボリューム多く微に入り細に入り書く、というのが常識であります。これは米国では訴訟のときに免責を受けるために、たくさん書いているんだろうなと思うのであります。

最近の我々の業界でも、この傾向は著しく、全てがマニュアル化で常に文章に残すことを要求されます。これすなわち、将来、法廷に立たされたときでも充分に訴訟に耐えうるような資料作りを最初から要求しているわけです。 

そもそも、仕事というのはクライアントに満足してもらうためにやっているのであって、将来、クライアントから訴えられたときのことを想定してせっせか、せっせか仕事をして何が嬉しいんだろうかと素朴に思うのでありますが、我が国のグローバル化というのは、結局、そういうことに引きずられる性格を有しています。いわゆるJSOXというのは結局のところ訴訟対策の方図でありましょう。

当事者間に信頼関係があってこそが、全ての仕事のベースであり、お互いに信用できないまま、何かあれば訴えも辞さないぞという考えを前提とする仕事の進め方は、我が国では決して今まで受け入れられなかったのではないでしょうか。

見ている方向が違う。

法律が全ての根本にあって物事を既定しているものとみるのか、法律は大事だけど、できればそれに頼らないで物事を解決したいとし、どうしても、だめなときにだけにそれに依ろうという基本的なスタンスが全く違うのではないでしょうか。
【2007/01/04 10:28】 未分類 | トラックバック(0) |

ENTRIES

  • イギリス行(11/05)
  • 中央高速一考(10/16)
  • 日本を代表する民族音楽は何か(05/31)
  • 海外分散投資と国際課税(05/20)
  • 日本全国一斉毎日実施イベントを君は知っているか(04/30)
  • TRACKBACKS

  • 東洋医学がたくさん:「経絡リンパマッサージ」からだリセットBO(10/31)
  • 設備を調べる:安全弁について(05/23)
  • ARCHIVES

  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (2)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年05月 (2)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (3)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年02月 (1)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年08月 (2)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (1)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • CATEGORY

  • 未分類 (125)
  • LINKS

    CALENDER

    12 | 2007/01 | 02
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    INFOMATION

    永峰 潤

  • 永峰 潤
  • 公認会計士・税理士
  • 管理者ページ
  • RSS