FC2ブログ
永峰潤ブログ
永峰・三島会計事務所、かなり不定期な所長のブログ。

ベラスケスとラスメニーナス2

レンブラントは絵画で一財をなし、それを浪費し最後は無一文で亡くなったという非常に波瀾万丈な人生を送った画家ですが、彼はその都度、その都度(青年期、絶頂期、一文無しになって亡くなる前)で自画像を結構描いています。

私が最も気に入っているのは亡くなる前のランニングシャツ姿の自画像です(亡くなる前はろくな所持品はなかったらしい)。今までの自分の人生を内面的、自省的に観察し、それを極めて客観的かつ芸術的に、絵筆という表現手段を使ってあそこまで冷静・冷徹に描けることに芸術家という職業のもつ崇高さ・素晴らしさそして残酷さを感ぜざるえません。

ついでにもう一つのお奨めはマルティン・ルターの肖像画です。これは有名な画家が描いたものではないのと思いますが、青年ルターが宗教改革を唱えた頃の、思いつめて頬のこけた肖像画から始まってプロテスタント宗教家として一時代を得た後の、ぶくぶく太った(一言で言えば醜悪な)肖像画を通してみると、当初の志から時代を経るにつれて、きっと世俗的な欲望をこの人は追い求めたのではないかしらんと思ってしまいます。

これに比べるとシュバイツァーやサン・フランチェスコはホントにすごかったんだなぁと思います。日蓮上人もそうですよね。

とまあ、寄り道をしたうえで本題のラス・メニーナスなのですが、絵自体はGOOGLEで「ラス・メニーナス」とすれば瞬時に見ることができるので、ここまで駄文にお付き合い頂いた方は行きがけの駄賃に是非ご覧下さい。

絵そのもののテクニックは勿論素晴らしいものであり、そのことを特に記すことはありません。どこが他の絵画と決定的に違うかというと、視点が重なっていることにつきます。

普通の肖像画は画家が目の前にある対象物をキャンバスに写し取るわけで、従って画家の視点を鑑賞者が共有することになるわけですが、ことラス・メニーナスに関しては、この視点がもう一つあります。すなわち画家の視点、鑑賞者の視点に加えて、対象物である王と王妃の視点が加わります。これら3つの視点を考えることにより始めてこの絵が落ち着いて見れるのです。

もう少し詳しく説明しますと、絵は中央に王女と道化や召使いの女達が描かれ、その左横に画家であるベラスケス自身がカンバスに向かっている場面が描かれています。絵の後景に鏡が描かれ、そこに王と王妃の姿がぼんやりと描かれています。

この情景はベラスケスが王と王妃の肖像画を描いている場所に、王女がやって来、その王女達を王と王妃が眺めているという図柄なのですね。

そうすると、この絵は対象物たる王と王妃がキャンバスの外にあることになり、最初にこの絵を見ると鑑賞者は自分の視点が定まらないことになるのですが、後景の鏡に王達の姿を見ることと、ベラスケスの自画像が描かれていることから、始めて鑑賞者の視点が王達のそれと同じものであるということが認識できるわけです。またその視点は当然ながら画家たるベラスケス自身の視点でもあるわけで、ここでは通常の鑑賞者の視点=画家の視点という等式が破られ、そこに対象物の視点すらも混入するという不思議な絵画空間を構成しているわけです。

ということをミッシェル・フーコーがもっと構造主義的(?)に分析していますが、素人目にもこのような絵画空間の捉え方はベラスケス以前・以後にもないように思います。

この絵は多くの画家のインスピレーションを刺激したようで、ピカソが何枚もこの絵を題材に描いています(ベラスケスのそれとは全く別物に見えますが)。

美学的な基準での好き嫌いはあるでしょうが、例えばラファエロの大公の聖母やダビンチの聖アンナと聖母子なぞは本当に、万人が見て美しいとなるでしょうが(私も大好きです)、絵の素晴らしさに加え構図のおもしろさということではラス・メニーナスにつきるのではないでしょうか。
スポンサーサイト



【2007/12/14 18:53】 未分類 | トラックバック(0) |

ベラスケスとラス・メニーナス(1)

ベラスケスとラス・メニーナス(1)
べラスケスは私が最も好きな画家ですが、今回20年ぶりにプラド美術館にベラスケスを見に行ってきました。当日(10月31日)はたまたまプラドの長期にわたる改修工事終了後の一般公開日初日ということで、ご一緒いただいたガイドの方によれば普段より込んでいるとのことでした。でも日本でのあの殺人的な行列に比べれば全くすいているレベルでした。

プラド美術館には3つ入り口があり、それぞれベラスケス口、ムリーリョ口、ゴヤ口と名前がついています。ベラスケス口は正面口で今回の改装で何年ぶりかで通れるようになったそうです。このことからもスペインではベラスケスが祖国を代表する画家だという認識なのでしょうね。

余談ですがマドリッドの街中にはボテロの彫像が適当な間隔で置かれていて(確かバルセロナの空港にも)、ボテロ好きな私としてはこういうのは街が楽しくなっていいなぁと思った次第です。六本木の森タワーの前にクモのオブジェ(ビルバオのグッゲンハイム美術館の外にあるのと同じもののはずです)がありますね。個人的にはあのクモは嫌いですが、ああいうオブジェや彫刻が街中に配置されると街の外観にアクセントができていいですね。

私の絵画鑑賞暦はというと、最初は印象派から始まったのですが(日本で印象派がこれだけもてはやされるのは、松方コレクションの影響から日本では西洋画=印象派という図式が確立し、現在も展示会というと印象派がどうしても集客力があること、また中世西洋画は日本に来る機会が殆どないというのが理由だと思います)、アメリカの大学に留学していた時、毎週末の暇つぶしに半ば習慣的にフィラデルフィア美術館に通うようになり、そこに展示してある膨大な絵画の中で中世以降のヨーロッパ絵画を見る機会が増え、その結果、印象派以前のヨーロッパ絵画に興味を持つようになったわけです(その当時、たまたまフィラデルフィア・オーケストラの学生会員にもなっていたので、シーズン中は毎週金曜日、天井桟敷の座席で安く見られたのですが、その時のコンダクターはムーティでした)。

およそ色々な絵が好きなのですが、絵は個人の好みが反映するので、今回はそういう美学的な見方でなくて、違う視点から私の好きな絵をあげてみます。お奨めはレンブラントの一連の自画像シリーズです。美術史専攻でないので学術的・美学的な分析はできないのですが、なぜレンブラントの自画像がいいかと言うと・・・・
(以下続く)
【2007/12/07 19:27】 未分類 | トラックバック(0) |

ENTRIES

  • イギリス行(11/05)
  • 中央高速一考(10/16)
  • 日本を代表する民族音楽は何か(05/31)
  • 海外分散投資と国際課税(05/20)
  • 日本全国一斉毎日実施イベントを君は知っているか(04/30)
  • TRACKBACKS

  • 東洋医学がたくさん:「経絡リンパマッサージ」からだリセットBO(10/31)
  • 設備を調べる:安全弁について(05/23)
  • ARCHIVES

  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (2)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年05月 (2)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (3)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年02月 (1)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年08月 (2)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (1)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • CATEGORY

  • 未分類 (125)
  • LINKS

    CALENDER

    11 | 2007/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    INFOMATION

    永峰 潤

  • 永峰 潤
  • 公認会計士・税理士
  • 管理者ページ
  • RSS