FC2ブログ
永峰潤ブログ
永峰・三島会計事務所、かなり不定期な所長のブログ。

会計によるソフト・ウォー(ヘゲモニーを巡って)

会計によるソフト・ウォー(ヘゲモニーを巡って)

今回は久しぶりに私の本職の話をします。

ごく簡単な背景知識
世界の会計の世界では、今まで米国が作成してきたUSGAAPという会計基準が事実上の世界標準の位置を占めていました。ところがこのルールが余りにも厳格なため、欧州を中心にIFASという団体(ロンドン本部)が欧州で起債・資本調達する場合の会計基準を独自に設定しました。

当初IFASの方は低調でしたが、多くの世界企業が余りに厳格なUSGAAPを嫌い米国資本市場離れを起こしたこと(資本市場離れには金利や通貨も関係していますが、専門家でないので省略)、なんで厳格なのにエンロン問題がおこるのか(これは正確には内部統制のお話なので会計ルールとは違うのですが)、更に各国の金融監督庁がIFAS支持を表明するに至り、米国は最近になってIFASに急速に接近しだしています。

で、日本はというと、相変わらず錦の御旗である世界第二位の経済大国ということで、独自の会計原則を堅持していましたが、いまや時代の趨勢からIFASへ収斂することを表明しています。


本 題
米国は最近、2013年6月一杯で米国基準(USGAAP)をやめてIFASに一本化することを正式に表明しました。

そうか、ではこれからは世界の会計基準はIFASなのねというのが議論の出発点なのですが、私はアメリカ人がそんなに簡単に自国の基準を捨て、なおかつ自分達の基準(FASB)の世界への影響力を失わせることに甘んじるとは到底思えません。

試みにIFASのWEBを調べてみますと、予想したとおりボードメンバー13名の構成はアングロアメリカン(=アメリカ+イギリス、オーストラリア)8名、大陸系のヨーロッパ人3名(フランスとスウェーデン)、アジア人2名(日本と中国)となっていました。 国籍が書いていないので職業と名前から類推した部分もありますが、おそらくこんなもんでしょう。

つまり、早い話がFASBがお引越ししたような印象なのですね。

こういう構成をグローバルというのでしょうか? やはり米国覇権主義の影響下にある世界のアメリカ式資本主義の下では会計ルールもアングロアメリカンのルールに従わざるを得ないというのが現実なのでしょう。

二つのことを想起しました。

会計を用いた緩やかな世界大戦の浸透、と
日本の立ち位置です。


会計を用いた緩やかな世界大戦とは突然ひらめいた造語なのですが、その含意はこういうことです。

戦争とは二国以上の国の間で、相手国の領土を軍事力や経済力、技術力で占領し、その後、相手国の天然資源や経済活動による果実たる富を収奪することを目的としていると思います。

ところが現代はイラクの例を見てもわかるように、アメリカのような軍事的なスーパーパワーを持った超大国でも相手国を完全に屈服させることは大変に難しくなっており、また戦争後のコストも馬鹿にならなくなっています。

これに対して世界の資本主義の枠組みをアメリカがルールメーカーとなることで自国の枠組みに帰順させ、そのことできわめて平和裡に世界各国の富を自国に吸い上げるシステムを構築するほうが、軍事力にかかるコストよりもはるかに少額ですむ。

会計ルール、米国系証券会社と格付会社、弁護士、公認会計士、米国式資本市場、米国式資本主義の考え方を教え込まれてきたMBA、会計の実務的なミッショネアとしてのBIG4。 これら全てから構築される包括的システムをもって世界の国を恭順させているのが、米国が意図するか否かにかかわらず、結果として実行・邁進している経済力、教育、文化力を背景としたソフトウォーそのものではないでしょうか。

軍事力は直接的に一般市民を殺害するため、明らかに非難が起こりえますが、こちらソフトウォーの方はそういう直接的な被害はない代わり、気がつくとアメリカ的資本主義の最終型-すなわちごく少数の金持ちとその他大勢の貧乏人-の2極分化構図になってしまうというものです。 しかしながら、ソフトウォーの場合には自国民にとっても一部の小金持ちになりうる人-経済的強者はしばしば社会的発言力も強い-を輩出することを約束するシステムでもあるため(米系証券会社の社員の高給は有名)、表立って反対することもできないまま、ずるずるとそうなってしまうというのが現実の姿ではないでしょうか。

翻って会計の話をすると、最近のIFASの議論は時価主義至上主義と経済的実態アプローチ原理主義によって特色付けられているのでしょう。

(以下続く)
スポンサーサイト



【2008/06/30 15:13】 未分類 | トラックバック(0) |

美的感覚について(承前)

美的感覚について(承前)

前回の美的感覚として西洋人と日本人との違いを書いたのですが、これに関連して昔、面白いことを読んだか聞いたかしたので、それを書きましょう。

確かドイツの低学年の美術の時間というのは論理を学ぶ時間であるというものでした。つまり、色彩三原則の下、ここに在る色を配置したらその隣にはこの色を配色しなければならないということを教えると聞いたことがあります(ドイツのこと知ってる人、間違いかどうか教えてください)。

これが正しいという前提で考えるとドイツ人に生まれなくてつくづく良かったと思うわけです。理由は敢えて付しませんが・・・
確かにドイツの画家というと、デューラーやクラナッハ、最近ではエルンストなんて人がいるけど、あんまり楽しくないですよね。「静謐」・・・こういう単語が浮かびます。

かたや、こういう論理的なアプローチは音楽には極めて有効なのでしょうね。ギターをかじっているので、先生から和声学の入り口の入り口を教えてもらったとき、例えば和音では同一音を出すと音がにごる(?)から、ジャズではそうならないようにコードを押さえる、でもってから、ジャズの場合のコードの押さえ方は難しくなるってなことを聞くにつけ、ああ、論理と感性(確かに同一音を重ねない方が気持ちいい)が結託してるなと思うわけです。

確かに音楽では、およそ楽聖はドイツ人(オーストリア人)が目白押しですよね。いちいちあげませんけど、そういう和声の伝統をワグナーがトリスタン和声でぶっ壊すというのも面白いです(このころワグナーは不倫をしていて、その心理的影響でこういう和声、つまり音に終わりがなくいつまでもだらだらと転調を繰り返しながら流れていくというのを音楽家の三枝さんがラジオで言ってました)。

そうなるとドイツ人に生まれたかったなと思うわけです。でも、才能ないからどっちでも同じね。
【2008/06/23 10:38】 未分類 | トラックバック(0) |

美的感覚の違い

美的感覚の違い

2,3週間前に西武球場でバラのフェスティバルがあって行って来ました。

元来、お花には余り興味ないのですが家人に引かれて行ってみると、日曜日のせいもあり、かなりの盛況で、白いバラ(アイスバーグ)や赤いバラ等の鉢を買ってきたわけです。

で、会場は勿論、英国式庭園、英語で言えばEnglish Garden、・・・で、これを読むと問わず語りに”Sitting in the English Garden, waiting for the sun”と自然にビートルズの曲が頭の中を駆け巡る条件反射なのですが、・・・が中心に備え付けられ、そうこうしているうちに2時間も歩けば素人なりに、そうかそうか、バラは元々、中国とか日本が原産地なのにコンテンポラリー的には(不必要に英語使ってますが)、英国式な庭園に英国産のバラを英国風に飾りつけるのがわが国マダムの目指すべきゴールなのね、というようなことが、うすらうすらわかってくるわけです。

で、ここからはまったく個人の嗜好の問題ですが、やはり肉食人種の飾りつけというのはボリューム感がありすぎて日本人の美意識とは相容れないなぁと思ったわけです。

たしかにEnglish Gardenは美しいよ、でも満漢全席みたいなあのボリューム感は日本人にはツーマッチだなぁとつくづく思うわけです。

昔読んだ何かの本で、日本人のビジネスマンがニューヨークに転勤したとき、アフター5に現地のカルチャースクールに通って、各科目ほとんど優だったんだけど、デザインだけはだめだったと書いてありました。その理由はくだんのビジネスマン氏がたとえば部屋の内装デザインを書くと、かならず先生は後からいろいろ付け足すのだそうです。それがどうにも彼には納得できず、これは美意識の違いだからしょうがないと書いていました。

まさにそれと同じ感覚が英国式庭園なんです。一言で言うと、あまりにごちゃまぜにさぁどうだ的な感じでちょっと我々の美意識と違うんじゃない的な感じです。

これと似た感覚は西洋人のリビングルームに招かれるとわかりますよね。ところ狭しと(実際狭いところも多いんだけど)いろいろなものを並べ立てているあの感覚は、一言で言うと、無粋!

やっぱり日本人は何もない部屋に一輪挿しかなと思うわけです。

こればかりはロジカルな説明は不可能ですよね。
【2008/06/04 18:51】 未分類 | トラックバック(0) |

ENTRIES

  • イギリス行(11/05)
  • 中央高速一考(10/16)
  • 日本を代表する民族音楽は何か(05/31)
  • 海外分散投資と国際課税(05/20)
  • 日本全国一斉毎日実施イベントを君は知っているか(04/30)
  • TRACKBACKS

  • 東洋医学がたくさん:「経絡リンパマッサージ」からだリセットBO(10/31)
  • 設備を調べる:安全弁について(05/23)
  • ARCHIVES

  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (2)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年05月 (2)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (3)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年02月 (1)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年08月 (2)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (1)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • CATEGORY

  • 未分類 (125)
  • LINKS

    CALENDER

    05 | 2008/06 | 07
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    INFOMATION

    永峰 潤

  • 永峰 潤
  • 公認会計士・税理士
  • 管理者ページ
  • RSS