FC2ブログ
永峰潤ブログ
永峰・三島会計事務所、かなり不定期な所長のブログ。

指導者の資質

指導者の資質

今回のG20等を新聞やテレビで見るにつけても、我が国リーダーは残念ながら脇役ですよね。 これは全く驚くに値しないことは、私を含めて多くの国民が自覚しているところではないでしょうか。

もうこれは、我が国のGDPその他経済力云々の話ではなくて、ひとえに国際社会でのプレゼンテーションに我が国が注力してこなかったことのつけが回ってきているのだと思います。

私が参加している会計事務所の国際会議では、大体、毎回200名前後の参加者がありますが、やはりアジア系あるいは非欧米系の出席者がそこでちゃんと自分の主張をして、それが受け入れられるということは殆どありませんし、また、そういう機会もないというのが現実です。 実際には米国とヨーロッパで物事が決められています。 

私の属している会計事務所の場合、私の事務所の規模が海外のカウンターパートに比べると比較にならないくらい小さいので、それも致し方ないのかとも思っていますが、G20ともなると日本の経済力は侮れないのに、何故にいつも脇役に追いやられてしまうのでしょうか。

やはり英語力とプレゼン力、それに論理的に相手を説得する技術。こういう基礎体力をそなえた政治家、官僚の数が圧倒的に少ないことがもっとも大きな理由ではないでしょうか。 

そもそも論的に我が国にさしあたっての戦略がないことは、残念ながらどうも事実のようですが、それにしても一国のリーダーがサブカルチャーだ漫画だ! レベルでは恥ずかしくて日本国民止めたいと思う人もいるのでは。

今まで国際的なことに目をつぶってきたことの蓄積がこの結果な訳ですよね。

だいぶ前に柔道の話で、これからは理事クラスの人材が日本柔道のミッショナリとして世界にお友達を作るべく工作しなければ、今後の日本柔道の見通しはますます暗いのではと書きましたが、この理屈は他の殆どすべての分野(学問、スポーツ、経済界)に当てはまると思います。

サルコジの言っていることは、大受けねらいと出席者はわかっていても、やはりああいう大一番でその程度のはったりができなれば、本当に日本はこれからも米国の属国として、利用するだけ利用されて最後はお払い箱になるのは目に見えていますよね。

遅きに失してはいますが、これからでもいいので各分野の指導的立場の人が英語でプレゼンできる有能な人材の育成に本気でかかるべきでしょう。 素材のある人はいるのですから、がんばれば5年で大部代わると思うのですが。

翻って、わが会計の分野におけるIASBの横暴に異議を唱えるには、やはりインドやその他アジアやオーストラリア等の国に、以下に多くのお友達を作るかしかないとおもうのですが。
スポンサーサイト



【2008/11/19 11:57】 未分類 | トラックバック(0) |

ENTRIES

  • イギリス行(11/05)
  • 中央高速一考(10/16)
  • 日本を代表する民族音楽は何か(05/31)
  • 海外分散投資と国際課税(05/20)
  • 日本全国一斉毎日実施イベントを君は知っているか(04/30)
  • TRACKBACKS

  • 東洋医学がたくさん:「経絡リンパマッサージ」からだリセットBO(10/31)
  • 設備を調べる:安全弁について(05/23)
  • ARCHIVES

  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (2)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年05月 (2)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (3)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年02月 (1)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年08月 (2)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (1)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • CATEGORY

  • 未分類 (125)
  • LINKS

    CALENDER

    10 | 2008/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    INFOMATION

    永峰 潤

  • 永峰 潤
  • 公認会計士・税理士
  • 管理者ページ
  • RSS