FC2ブログ
永峰潤ブログ
永峰・三島会計事務所、かなり不定期な所長のブログ。

フレームワークの重要性

フレームワークの重要性
 IFRSについて、いま何をすべきかですが、私はフレームワークをきちんと読み込んで、身につけることが重要だと考えています。そしてファイナンスの勉強も併せて行う。
 残念ながら、フレームワークについて、きちんと書かれた書籍はほとんどありません。お手軽な各論的な処理の部分の書籍ばかりです。ではその会計処理はといえば、まだまだ変化しますから、変化の後追いをする必要はないと思います。もちろん、現実の実務として必要な部分は追いかける必要がありますが、ここ1年位を見ていても、IFRSそのものにも大きく変わっている部分があります。実際に適用判断の2012年、そして強制適用といわれる2015年の時点では、IFRSの内容そのもの、細かな会計処理の部分は変わっていることが多々あるでしょう。
 だからこそフレームワークをきちんと読み込み、自分なりに理解することが重要です。フレームワークを理解していたなら、その土台の上に積み重ねていく細かな対応、詳細な基準に関しては会計士なら十分に対応できると思います。
 そしてIFRSは我々が会計士として、何をしたいのか、もっと遡っていうなら、なぜ会計士になったのかを改めて考え直すいい機会だと思います。
 会計士は国家資格です。日本という国に、公共に還元しなくてはならない使命があります。自分のためだけ、という考えだけで動いていては行き詰まることでしょう。会計士である自分たちの考え方、職業的背景を考えないといけないのです。
 IFRSへの対応は会計士としては避けられない現実です。目先のことにとらわれず、可能なら英語をマスターして、フレームワークをまず身につける。そしてファイナンスを学ぶ。「私」だけでなく社会にいかに還元できるかという視点を持ちながら、運用を考える。特に若い会計士にはそうなっていただきたいと願っています。

スポンサーサイト



【2009/11/24 11:28】 未分類 | トラックバック(0) |

IFRSはビジネスなのか

IFRSはビジネスなのか
 IFRSの導入について、もう一つ危惧していることがあります。それはきちんとした教育がなされていない影響もあるのでしょうが、皆ビジネスの視点からのみ捉えているのではないかという懸念です。
 では、永峰・三島会計事務所ではビジネスとしてIFRSを扱わないのか、といえばそんなことはありません。扱います。しかし、ビジネスとして捉える以前に、IFRSにより会計基準がルールベースからプリンシプルベースへの転換が行われたように、発想の転換が本来は必要なのです。
 新聞や雑誌、書籍などを拝見しても、あまりにも目先のことばかりが取り上げられているようです。目の前にある会計処理の解釈のみに終始して、いわばQ&A的になっていますね。IFRSの大きな思想体系を理解した上で、処理しなくてはならないことが、小手先のテクニック論になってしまっては、本来あるべきはずの議論にもならないでしょう。なぜそうなのか、どうしてそう処理しなくてはいけないのか、という視点が抜け落ちているのです。
 例えばのれん代の償却処理、検収基準の問題、研究開発費の問題もしかり、IFRSは日本の商習慣そのものを変えてしまいかねないのです。なぜ日本ではこうした商習慣だったのか、なぜ日本の会計基準ではこう処理していたのか。もっと大きく捉えるなら、日本の文化、商習慣がこうなのだから、こういう処理というものがあるはずです。それを一切考慮せずに、IFRSではこうだからこの処理、というのでは変ではないですか。一つひとつを突き詰めて行けば、おかしなことはもっとたくさんあると思います。
 もしかしたら、会計士にも哲学や歴史の勉強が必要なのかもしれません。というのも、IFRS導入に際して、日本はあまりにも発信していないと感じています。日本人は何をやりたいのか、という発信も発想も感じられません。それはベースとなる日本人としての哲学や歴史を知らないからかもしれませんね。
 先にお話ししたように、日本の商習慣が変わってしまうとしたら、「それはおかしい」という話が本来なら出て来ていいはずです。しかし、出て来ていない。小手先でどう対処できるか、という処理方法は出て来ていますけれど、果たして本質的な議論をしているのでしょうか。そこに関わる会計士は会計をリードしていく存在として、職業を通じてメッセージを発信することが大切です。IFRS導入に際して、果たしてそれが出来ているのでしょうか。
【2009/11/09 10:22】 未分類 | トラックバック(0) |

ENTRIES

  • イギリス行(11/05)
  • 中央高速一考(10/16)
  • 日本を代表する民族音楽は何か(05/31)
  • 海外分散投資と国際課税(05/20)
  • 日本全国一斉毎日実施イベントを君は知っているか(04/30)
  • TRACKBACKS

  • 東洋医学がたくさん:「経絡リンパマッサージ」からだリセットBO(10/31)
  • 設備を調べる:安全弁について(05/23)
  • ARCHIVES

  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (2)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年05月 (2)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (3)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年02月 (1)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年08月 (2)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (1)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • CATEGORY

  • 未分類 (125)
  • LINKS

    CALENDER

    10 | 2009/11 | 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    INFOMATION

    永峰 潤

  • 永峰 潤
  • 公認会計士・税理士
  • 管理者ページ
  • RSS