FC2ブログ
永峰潤ブログ
永峰・三島会計事務所、かなり不定期な所長のブログ。

週末にかけて経済本を何冊か読みました。

今評判の「デフレの正体」も読みました。内容は既に各誌で紹介されているので割愛しますが、なかなか勉強になりました(ただ読みにくいと感じました。その点は次回作で改善を期待したいところですが)。

この本を含めて、今、まさに我が国の経済救済策はまさに百家争鳴の様相を呈していて、一体、どれがいいのか実によくわからないというのが正直な感想です。

金融政策一つをとっても、もっと金融緩和をして諸外国の通貨下げ競争に参戦しないから日本の相対的ポジションが悪くなるという経世家がいるかと思えば、いや、時間軸をもっと長く設定すれば、例えば米国でやっているような大々的な通貨ばらまきは貨幣を徒に増やすだけの実体経済の裏付けのないものであるから、いずれ破たんする。それがまさにリーマンショックによる米国と英国の経済破たんなのだから、我が国が追随する必要は全くないという説もあり、両方を読むとそれぞれが尤もなことを言っているのですよね。

結局のところ、いつもの議論、つまり我が国のグランドデザインをどうするかという点がわからないので、困るのではと思います。

ただ、これだけ複雑化した社会にあっては、吉田茂が言ったような軽軍備の商業国家をめざすというようなシンプルなメッセージを掲げることはもうできなくなっているのでしょう。

各個人の利害が複雑に絡み合って、それをまとめうるような国家としての共通目標がもはやとれなくなっているのでは、年金問題での世代間の対立をみるとつくづくコンセンサスをとることのむずかしさを実感します。

結局は・・・・・

国家は我々が帰属すべき最後の砦ではあるが、そこから何かを期待することはすでに崩れてしまっていて、ここ(日本国)をホームベースとして、そこから自分の目的や目標を見つけてそれの実現をめざす。

そういうような枠組みで考えないと解決はないような気がします。 国からは期待できないと。

スポンサーサイト



【2011/02/21 11:15】 未分類 | トラックバック(0) |

頑張る人


世の中で、俗に成功したと言われている人にも二種類あって、そのレベルで留まり、もはやその上は目指さない人と、更に自分に目標を置いてその先を目指す人がいるように思えます。

圧倒的多数は前者ですが、時折、後者に出会うこともあります。有名人ならユニクロの柳井社長がその例でしょう。

両者の違いは何なのかを考えました。

私の結論

ゴールの設定の仕方だと思います。

大多数の人は、自分の中に自分なりのゴールがはっきりとか、何となくかに拘らず設定してあって、そのゴールに到達すると途端にパワーダウンするのに対して、常に動き続ける人は、その都度新しくゴールを設定して、それを目指す。端的に言えば、そもそもゴールが変動しているのだと思います。

私のお客様で、齢80になりながらも、まだ全力疾走の方がおられますが、その方はきっとそういうことなのだと。


【2011/02/08 10:02】 未分類 | トラックバック(0) |

ENTRIES

  • イギリス行(11/05)
  • 中央高速一考(10/16)
  • 日本を代表する民族音楽は何か(05/31)
  • 海外分散投資と国際課税(05/20)
  • 日本全国一斉毎日実施イベントを君は知っているか(04/30)
  • TRACKBACKS

  • 東洋医学がたくさん:「経絡リンパマッサージ」からだリセットBO(10/31)
  • 設備を調べる:安全弁について(05/23)
  • ARCHIVES

  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (2)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年05月 (2)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (3)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年02月 (1)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年08月 (2)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (1)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • CATEGORY

  • 未分類 (125)
  • LINKS

    CALENDER

    01 | 2011/02 | 03
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 - - - - -

    INFOMATION

    永峰 潤

  • 永峰 潤
  • 公認会計士・税理士
  • 管理者ページ
  • RSS