FC2ブログ
永峰潤ブログ
永峰・三島会計事務所、かなり不定期な所長のブログ。

こまごまと

5月のゴールデンウィークからイギリス、アメリカとちょこまか移動してきました。

2つ書きたいことがありました。

1)アスコット競馬場
競馬はしないので知らなかったのですが、この競馬場は英国でも由緒ただしい競馬場で厳格なドレスコードでも有名な処でした。 ロンドンで加盟する会計事務所の合同ミーティングがあり、そのエクスカージョンで総勢150名くらいでここを訪れ、競馬場の来客向けレストランでフルコースの(英国伝統の日本人の口に合わない)食事をしながら馬券を買うという経験をしました。

こういう場所は日本人単独ではなかなか行けない処なので、おもしろかったのですが、一番印象に残ったのは、実は給仕さんでした。全て黒人でした。

この光景は、はっきり言って、我々日本人にとっては皮膚感覚として、すごーくなじめない景色でした。英国の上流社会の人が行くような場所を垣間見ると、こういう現実なのだなと思います。


2)アメリカの飛行場にて
米国には1年半ぶりくらいに行ったのですが、今回、1週間で東海岸から西海岸へと4か所を回ったため、非常に頻繁に飛行機を使いました。そこで驚いたことは、ほぼ2,3割の人が。ビジネスマンに限っては5割くらいの人がiPadを使っている景色でした。
日本でも最近iPad2が発売されたようですが、本家米国では、もうこれを持っていないと仕事ができない、というか中毒のようになっていました。

でも、私も半年くらいiPhoneを使ってみて、その便利さに慣れるとともに、やはり画面が小さいのには不便を感じていたので、これが大きい画面ならば、絶対に便利だと思います。

個々の機能説明はここではしませんが、はっきり言って私自身はBefore iPhoneとAfter iPhoneで自分のビジネス環境が激変したと思っています。 特にiPodなどで興味ある番組を英語でも日本語でもダウンロードしておき、好きなときにみれるのはビジネスマンにとって大変に便利なツールだと思います。
また、電子書籍も魅力あるツールです。

これからは日本でもパナソニックのレッツノートにiPadが代わられる日が案外すぐに来るのではないでしょうか。

スポンサーサイト



【2011/05/30 10:39】 未分類 | トラックバック(0) |

請売りの話

最近、読み聞きしたことで面白かった話をご紹介します。
寺島実郎さんと大前研一さんからでした。

1.何故、北海道に米軍駐屯地はないのか
日米安保をファンダメンタリスト(原理主義的)に信奉するならば、当時の米ソ冷戦開始後、最もソ連から侵攻の危険が大きい北海道に、何故、今に至るも米軍の基地がないのかというのが問いかけでした。無条件に日本を守ってくれるはずなのにおかしいではないか。

答えは、そんなところにおいたら、いざソ連が攻めてきたときに米軍が対応せざるを得なくなり、米軍軍人に多数の死傷者がでることが容易に予想できる。人の国を守るために、自国民をリスクにさらすわけにはいかない。現実的な対応としては、まずはソ連と自衛隊との戦闘行為の行く末をみた上で、米軍の対応を、その奥にあるソ連、
中共や資本主義陣営の世界版図をみた上で決定するため、敢えて北海道には置いていないのである。その状況が今に至っているというものでした。

久しぶりに目から鱗の話であり全く最もだと腑に落ちました。裏を返せば、戦後の我々はこんな自明の理すらも思考停止しているということなのですね。


2.浜岡原発だけが何故止まった
確かに国の方針で言えば、安全保安院がOKを出しているあまたの原発の中で、何故に浜岡だけが停止したのか不思議です。世論にかき消されて、それ以上に考えることをやめてしまっていますが、これに対する一つの答えは。

今や米国第7艦隊のカバレッジは太平洋を中心に遠くインド洋まで及んでいる。その本部は横須賀もしくは洋上の旗艦に置かれている。 もしも浜岡原発に万が一のことがあると、放射能によって第7艦隊が機能しなくなり、軍事バランス上ゆゆしきことになる。 このことを重視した米国政府による強い要請が日本政府にあり、それを受けたのが真相。

これもすごく説得力ある話でした。

要するに日本のただ乗り安保というは、実は乗ってすらいないかもしれず、また、このようなキーワード(=安保があるから日本は安心)でその先の世界情勢等や変化に真梓に向き合うことをやめていることの当然の論理的帰結が上の二つの事象に象徴されていると思いました。

いまこそド・ゴールの如き、母国のためなら米国と戦っても筋をとおす政治家が切望されている時はないのでしょう
【2011/05/20 10:25】 未分類 | トラックバック(0) |

ENTRIES

  • イギリス行(11/05)
  • 中央高速一考(10/16)
  • 日本を代表する民族音楽は何か(05/31)
  • 海外分散投資と国際課税(05/20)
  • 日本全国一斉毎日実施イベントを君は知っているか(04/30)
  • TRACKBACKS

  • 東洋医学がたくさん:「経絡リンパマッサージ」からだリセットBO(10/31)
  • 設備を調べる:安全弁について(05/23)
  • ARCHIVES

  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (2)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年05月 (2)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (3)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年02月 (1)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年08月 (2)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (1)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • CATEGORY

  • 未分類 (125)
  • LINKS

    CALENDER

    04 | 2011/05 | 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    INFOMATION

    永峰 潤

  • 永峰 潤
  • 公認会計士・税理士
  • 管理者ページ
  • RSS