FC2ブログ
永峰潤ブログ
永峰・三島会計事務所、かなり不定期な所長のブログ。

識字率向上の先にあるもの

今、野田首相が社会保障と税の一体改革に向けて頑張っており、その方策が失敗した向こうにはもうすでに国債暴落の恐ろしい金切り声が音をたてているように思えます。

しかしながら、敢えて暴論を吐くならば、私は、大変残念ながら、このまま我が国はなすすべもなく、結局の処、国債暴落への道をまっしぐらに突き進むしかないのではなかろうかという深い危惧を抱いています。

その理由は極めてシンプルです。

国民の識字率がこれだけ高くなってしまうと、議論による解決はまず無理で、強い政治的なリーダーシップを有する独裁制を敷くしか政策実行を担保する体制はないと思うのですが、皮肉なことに独裁制にするにしても、これだけ識字率が高くなってしまうと、もうその独裁制の実現すら実行可能性は著しく低いのではないかと思うからです。この点がワイマール共和国、ヒトラー誕生の歴史とは違っているのかもしれません。

最近、後藤新平氏が、東日本大震災後の政府の対応の遅さと比較して、一種の英雄願望の文脈で語られる機会をよく見るようになりました。
かつての台湾統治時代の水際立った行政手腕をかねてから尊敬していた私は、我が意を得たりだったのですが、その後、よくよく考えてみると、後藤氏の天才は当然としても、やはり当時の時代背景も大きくその要因として考えるべきであると再考するに至ったのです。

つまり、大正時代の識字率はかなり高かったでしょうが、やはり民主主義の遍在かというには程遠い大衆社会にあって、ある政策を実行する際の反対勢力の存在は、今の世の中に比するべくもない、つまり、優秀なリーダーにあっては、彼の考える処を実行するに際して、大きな反対勢力は存在しえないか、存在しても無視できるかだったのではないかと考えるに至っています。

翻って現代にあっては、もう谷垣何某の言っていることは支離滅裂以外の何物でもないにも係らず、このような意見も無碍に無視できない政治システムであり、最近では大多数の国民が積極的に反対しているとは思えない(=受け入れざるを得ない)消費税増税反対を叫んで民主党を離党した国会議員、彼らもやはりその背後には彼らを支持する有権者がひも付きでいるわけで、それ、すなわち、国債暴落と限りなく近い線上にいるにもかかわらず、現在の民主主義の枠内ではそういう国会議員に対しても一蹴することは不可能なわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かつて、北京に降り立った時、その飛行場から紫禁城にいたるまで、限りなく一直線であったハイウエイ、これを中国の人は誇りに思い外国人に見せているようですが、私からすると、ああ、こんな理不尽なことができてしまう、すなわち、当時の(そして、おそらく今も)中国の識字率は極めて低いのだなぁと想いを馳せたわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一種の成熟型民主主義においては(定義をしていませんが)、ある一方の団体が黒とするものでも、ほぼ間違いなく白と言う団体がでてき、多数決という最終決着があるにしても、実質的に物事をはっきり決めることは不可能である現実からすると、大変に遺憾ながら、国債暴落を防ぐことはできず、その結末までを一気に駈けていくのではなかろうか、そのような誠に残念な結論を思い描くしかないのであります。

スポンサーサイト



【2012/01/24 10:40】 未分類 | トラックバック(0) |

君は「畳化」を知っているか?

日本に留学している外国人学生の間で使われている、(本国でも使われている)フランス語に「畳化」という言葉があるのをご存知ですか(日本人の知らない日本語2他から)?

どういうシチュエーションで自分が「畳化」したと認識するかと言うと・・・・・・・・・・・・・
帰国してタクシーに乗り込むときに、ドアが開くまで待っている時(海外のタクシーで自動ドアはありません)や、
本屋さんで、文庫本にカバーをしてもらうのが当然と思ったり(これも外国にはない習慣)、
電話でお礼をする時にお辞儀したり、
はたまた、意見を求められた時に、イエスかノーかをはっきり言わず、どちらとも言えない保留意見を述べる自分に気がついた
などだそうです。

アニメやAKBと違って、これは輸出してもお金にはなりませんが、日本が世界と違うというのは、津波の後の被災者の秩序だった行動と合わせて、こんな言葉で表してるのかもしれないと思いました。
【2012/01/16 17:40】 未分類 | トラックバック(0) |

ENTRIES

  • イギリス行(11/05)
  • 中央高速一考(10/16)
  • 日本を代表する民族音楽は何か(05/31)
  • 海外分散投資と国際課税(05/20)
  • 日本全国一斉毎日実施イベントを君は知っているか(04/30)
  • TRACKBACKS

  • 東洋医学がたくさん:「経絡リンパマッサージ」からだリセットBO(10/31)
  • 設備を調べる:安全弁について(05/23)
  • ARCHIVES

  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (2)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年05月 (2)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (3)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年02月 (1)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年08月 (2)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (1)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • CATEGORY

  • 未分類 (125)
  • LINKS

    CALENDER

    12 | 2012/01 | 02
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    INFOMATION

    永峰 潤

  • 永峰 潤
  • 公認会計士・税理士
  • 管理者ページ
  • RSS