FC2ブログ
永峰潤ブログ
永峰・三島会計事務所、かなり不定期な所長のブログ。

素人の考える構造主義

素人の考える構造主義

Levi Strausse
日本ではこの名前を見ると、当然のごとくジーンズを連想するわけですが、フランスを発信地としてかつて一斉を風靡した構造主義の巨人、レビィ・ストロースも同じスペルです。

構造主義とは哲学の一形態であり、以下にWIKIPEDIAから彼の主義を引用します。「その後、しだいに研究の舞台を親族関係から神話へと移していったが、1962年の『野生の思考』の最終章「歴史と弁証法」においてサルトルの実存主義を強烈に批判した。このことから、実存主義に対立しそれを乗り越えるものとして構造主義の思潮がときには過剰なまでにもてはやされる契機となった。・・・中略・・・彼の問題意識はサルトルの実存主義という主体偏重を批判し、 西洋社会における、西洋中心主義に対する批判的意識から出発している。・・・中略・・・どのような民族においてもその民族独自の構造を持つもので、西洋側の構造でその他の構造に対して優劣をつけることなど無意味だと主張した。」

実は前々から西洋の元気がなくなってきたのは、この思想による所が少なからずあるのではなかろうかと、私はひそかに思っているのです。ここでいう構造が何をさしているかを定義しないと、以下の議論は迷走するのですが私は哲学者でない。ということと、調べるのめんどくさかったので、その部分は「構造」であると逃げを打って一気にパスると。

ここでストロースが言いたかったのは、結局、西洋は西洋の、(すなわち東洋は東洋の)、各々の民族に基づく構造を有しており、どちらかの民族に優位性を付することはできないということを、婚姻制度を例にとって説明しているわけです。この考えは、おそらく西洋にとって衝撃的だったのではないでしょうか。ここ400年くらいの間は、長らく西洋が文化、法律、芸術、科学文明、その他すべての分野で地球上の他の地域に対し絶対的な優位性をもっていると信じて疑わなかった、その思想的な根幹(古くはジョンロックに淵源をさかのぼるのでしょうか)を根底から突き崩す思想体系が生まれたわけですから。

こんなこと(ある民族が他の民族よりも優位であると断定はできない)は、少なくとも鹿鳴館時代を経て、戦後社会に生きる日本人にとっては自明の理なのかとも思っていたのですが、先日、理科系卒業の友人と話していたら、「いや、そんなことはない。やっぱり、我々の現在の社会システム、技術体系は全て西洋から来たものの上になりたっている。だってニュートンが微積を発明したからこそ、現在の技術体系が成立しえたのであって、ジェンナーが種痘を発見したから天然痘は根絶したわけで、およそ理科系、医学系の学問については、いわば我々の社会は西洋人の作った基盤の上に乗っかっているに過ぎないと思う。」

たしかにノーベル賞をもらっているのは(英語での論文というギャップはさておき)、ほとんど西洋人ですよね。

ですから、そういう西洋人のひとりたるストロースが自己否定にもつながる民族の優越性の否定ということを学術的に説明したことは、余計にインパクトがあったのかなとも思ってしまいました。

確か島崎藤村だかだれか有名な文学者が、一時期、日本語(ひらがな交じり)は遅れているから、日本語はなくしてしまえ、フランス語を国語にしろと主張した話がありますけど、結局、日本人自身も鹿鳴館時代のDNAを引きずっているのかなぁ。

スポンサーサイト



【2007/10/30 12:25】 未分類 | トラックバック(1) |

トラックバック

「経絡リンパマッサージ」からだリセットBO

結構ツボや、経絡系、マッサージの本、持ってるんですけど。これ、やりやすいマッサージが多いです。太ももやふくらはぎなんかも、ついついTVをみながら「つまんで」いるので、自分で笑えます。これプラス筋トレで、体締める予定です。 2年ほど前から平熱が36度台だっ 東洋医学がたくさん【2007/10/31 10:47】

ENTRIES

  • イギリス行(11/05)
  • 中央高速一考(10/16)
  • 日本を代表する民族音楽は何か(05/31)
  • 海外分散投資と国際課税(05/20)
  • 日本全国一斉毎日実施イベントを君は知っているか(04/30)
  • TRACKBACKS

  • 東洋医学がたくさん:「経絡リンパマッサージ」からだリセットBO(10/31)
  • 設備を調べる:安全弁について(05/23)
  • ARCHIVES

  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (2)
  • 2013年03月 (2)
  • 2013年02月 (3)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (3)
  • 2012年11月 (3)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (2)
  • 2012年07月 (2)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年08月 (2)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年05月 (2)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (3)
  • 2011年02月 (2)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年11月 (4)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (4)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年04月 (1)
  • 2010年02月 (1)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (2)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (2)
  • 2008年04月 (2)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年08月 (2)
  • 2007年07月 (1)
  • 2007年06月 (1)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (2)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • CATEGORY

  • 未分類 (125)
  • LINKS

    CALENDER

    04 | 2020/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    INFOMATION

    永峰 潤

  • 永峰 潤
  • 公認会計士・税理士
  • 管理者ページ
  • RSS